2007年10月30日、通仙峡の紅葉を見るために出かけ、みずがき湖の駐車場に止めた。
駐車場の一角にある楓などの紅葉が綺麗でした。だが、山々の紅葉は少しだけ早いのか昨年より劣っていた。

駐車場前の楓の紅葉

みずがき湖ビジターセンター前の駐車場の楓の紅葉。


みずがき湖ビジターセンター前のサルスベリの木の紅葉。

通仙峡は塩川地区と増富鉱泉の間の渓谷です。増富から上は本谷川渓谷です。
通仙峡には駐車場はありませんので、みずがき湖駐車場を使います。塩川トンネルは約600メートルあります。
長いトンネルを抜けると、先に短いトンネルがあります。自動車は通行できませんが、人は新緑や紅葉の時期に通れます。
通仙峡と言っても、川沿いに散策コースは無く舗装道路を歩くだけです。


通仙峡は色付いているものの、まだ一部しか綺麗に紅葉していませんでした。

鹿鳴峡大橋

ダム管理棟上に駐車場があり、その辺りからの鹿鳴峡大橋です。

石碑

みずがき湖と埋没36家族の故郷の碑

みずがき湖

みずがき湖

塩川ダム

塩川ダム

みずがき湖とダム

みずがき湖とダム

塩川は金峰山に源を発し下流の須玉インター付近で須玉川と合流し、双葉町で釜無川に合流、下流で笛吹川と合流し富士川となり太平洋に注ぐ。
この塩川をせき止め、洪水の調節、かんがい、上水、発電などの多目的ダムとして1975年に着工し1997年に完成した重量式コンクリートダムである。
ダムにより出来た湖が、みずがき湖である。

塩川ダムの情報は【山梨県大門・塩川ダムホームページ】


通仙峡・塩川ダム・みずがき湖(山梨県)-2007.10.30撮影-

壁紙等は---キラキラ素材の館より

inserted by FC2 system